会員J(東大理系B4)入社先 シティグループIBD

最終更新: 2019年3月18日



〜プロフィール〜

【略歴】東大理系 学士4年

【就職予定先】シティグループ証券投資銀行部門

【内定先】シティグループ証券投資銀行部門

【インターン参加】

=======================

Q1.就職活動をどのように進めていたのか、時期別に、志望業界や志望企業、そこに受かるための対策をどうやっていたのか?教えてください

ビジネスを知りたいと考え、最初はコンサルを中心に見ていた。

IBDも受けることを勧められ、夏はその二つを中心に見ていた。夏の結果からコンサルよりIBDの方が向いていそうだと感じ、冬はほぼIBDに絞って受けていた。

コンサル対策としてオルタナティブインターンシップを積極的に利用した。IBDへの対策としては、金融の知識をすこしつけたり、ニュースを見るようにしたりしたが、深く対策、ということはしなかった。金融知識としてはバリュエーションのそれぞれのやり方の違いや特性、PL,BS,CFの読み方とそれぞれの関係などを勉強した。ニュースに関しては、毎日見るというよりは、しゃべれそうなものをまとめてリスト化した。これらをジョブや面接の前日などに行っていた。

Q2.志望業界や志望企業が決まったのはいつ頃ですか?それが決まった理由はなぜですか?

秋ごろ、マッキンゼーに落ちた時にコンサルに向いてないことを自覚し、投資銀行に向いていると社員さんに言われていたこともあり、そこでかなり絞られた。

そもそも他を見る気があまりなかったのは、日系企業の話を聞いて自分は向いていないと感じることが多かったから。投資銀行に向いている自分の要素ははプレゼンテーション力と人とのコミュニケーション力。コンサルに向いていない要素は、思い込みの強さ、視野の狭さ。

また、コンサルは冷静に課題を特定することが仕事だが、投資銀行のほうがエネルギーを持ってクライアントをサポートする、提案していく、といった印象を受け、自分はそれに向いていると感じた。単純に、選考結果的にIBDのほうが通っていたというのもその判断の後押しになった。


Q3.入社先を選んだ理由を教えてください。入社を決める上での判断軸や、迷った企業との比較基準・評価等を教えてください

➀自分をかなり評価していてくれたこと➁米系であること③人数が少ないこと 人数が少なく風通しが所でしっかりそだてられながら働きたいという思いがあり、一方で案件はちゃんとあるという軸で判断して決めた。


Q4.もう一度就活をするとするならばどうするか?もっといつまでに、こうしておけばよかったなーということは何か?

ベンチャーはほぼみなかったが、もう少し見てもよかったかもしれないと思う。他は特になし。


Q5.オルタナティブインターンに対してどういう感想を抱いていますか?

学生が中心に運営しているものにくらべ、しっかりと社会人がやっているということは、学生からすると信頼しやすいと思う。また、学生のレベルも高く、限定イベントなどもとても刺激的だった。

Q6.後輩へのアドバイス・一言・メッセージ

しっかり自分を表現すること、自分を表現できる企業を見つけること、この二点が本当に重要だと思います。頑張ってください!

=======================

#就活体験記 #シティ #投資銀行

92回の閲覧