会員K(一橋M1)入社先 Strategy&

最終更新: 2019年3月18日



〜プロフィール〜

【略歴】一橋 院1年

【就職予定先】Strategy&

【内定先】Strategy&

【インターン参加】

=======================

Q1.就職活動をどのように進めていたのか、時期別に、志望業界や志望企業、そこに受かるための対策をどうやっていたのか?教えてください

志望業界を決めるにあたり、以下の点を重視しました。

一つ目は自らの出した結果によって、評価(昇給や昇進)が成されること。2つ目は給与水準が高いこと。3つ目は会社のブランド力や社員の優秀さが世間に認知されており、転職が行いやすいこと。以上の3つを満たす業界を探した際に、戦略コンサルティングと投資銀行が合致したために、これらを志望しました。未だに年功序列の雰囲気や理解しがたい風習が根強く、転職も行いづらい日系企業は当初から選択肢にありませんでした。前者に関してはオルタナのメンターの方とのケース練習や講座で練習しました。後者に関しては、企業価値評価の書籍を読み込みました。

Q2.志望業界や志望企業が決まったのはいつ頃ですか?それが決まった理由はなぜですか?

就活を通じて戦略コンサルティングが第一志望でした。理由は①幅広い業界に触れられること、②休みをまとめて取りやすい、③自分が得意とする論理的・数的思考を活かしやすい、④外銀のジョブで社員の働きぶり(ラザード・フレールで一週間インターンした際、社員の方が、一年中毎日3時帰宅9時出社していると言っていて、激務の度合いがコンサルの比ではないと感じた)に引いたことの4つです。

Q3.入社先を選んだ理由を教えてください。入社を決める上での判断軸や、迷った企業との比較基準・評価等を教えてください

志望順位は①Bain②McKinsey③A.T.Kearney④Strategy&⑤BCG⑥RolandBergerでした。判断基準は①トップティアか②社内の雰囲気が緩いか(私の中での緩さの定義は、毎日スーツを着て出社するのが面倒なので私服出勤が認められているか)の二点です。両方の基準でトップだったベインの志望度が圧倒的ではありました。

Q4.もう一度就活をするとするならばどうするか?もっといつまでに、こうしておけばよかったなーということは何か?

ベインのジョブで、チームが崩壊して落ちたことだけ後悔しています。具体的には、グループワークで貢献していないのにも関わらずメンターの前でのみべらべらしゃべる東大女子に僕がキレてしまったり、他のメンバー同士が考え方の違いを発端に三日間口論を続けるなど、常にチームの雰囲気が最悪でした。その結果、私のチームは誰一人内定者が出ませんでした。今になって思えばジョブの前からイメージトレーニングをしたり、チームマネジメントについて学んでおけば、このような事態は避けられたのかなとは思います。

Q5.オルタナティブインターンに対してどういう感想を抱いていますか?

プラスしかないです。増田さん・竹中さんの講座もメンターとのケース練習も本当に学びになりました。参加者も特に選抜は非常にレベルが高く、トップ層である彼らと情報交換や切磋琢磨できることは間違いなく就活に役立ちました。特に私の大学では周りに外資を受験する層が少なかったので貴重な機会でした。

外資就活アカデミアに所属していましたが、講師・講座に関しては間違いなくオルタナの方が良かったです。参加者は重複する部分も多いですが、全体的な質はオルタナ選抜の方が高いと感じました。

Q6.後輩へのアドバイス・一言・メッセージ

特に実力の向上につながったのは、10数回にわたるメンターの方とのケース練習でした。本番に近い雰囲気を、実力が確かな内定者の方と行えるのは本当に貴重な機会だったと感じます。メンターの方に頼れるところは頼り、自身で頑張るところは頑張りぬいてほしいと思います。

=======================

#就活体験記 #Strategy

247回の閲覧