【「就活選考、来年度も8月に」 大学側要請、混乱回避を優先 経団連は6月前倒しの方向 政府「年内に意見調整を」】



___________________

「誰のため」の混乱か? 「学業を優先させる」のは誰のためか? 「大学」の存在意義は何か?目的は何か?

「大人」に左右されることなく、

前提が変わることを、当然と捉え、

粛々と準備がしておきましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

全国の国公私立大でつくる就職問題懇談会

(座長・吉岡知哉立教大総長)は4日、

来年度の就職活動の日程を

「現行通りとすべきだ」との要請文を

経団連などに提出した。

経団連は面接などの選考解禁時期を

8月から6月に早める方向で

調整しているが、

「変更は拙速で、

今年度の十分な検証が必要だ」

として、慎重な対応を求めた。

政府は同日、

文部科学省など関係府省

と経済界や大学関係者らによる

実務者会合を開催。

年内に来年度の

就職活動のルールを巡る

意見をすりあわせるよう促した。

選考解禁時期は

昨年度まで4月だった。

「学業を優先させる」との狙いで

今年度から8月になったが、

結果的に就職活動が長期化したことや

日程を守らない企業が

増えたことを踏まえ、

経団連は来年度から

6月に早める方向で調整している。

同懇談会は

「6月は授業期間の真っ最中であり

授業への出席などに

支障をきたす恐れがある」

と指摘。

卒業論文のスケジュールや

留学中の学生の帰国日程の変更なども

必要となり

「学生に大きな影響と

不安を与えることになる」と訴えた。

そのうえで来年度については

「分析や詳細な検討をせず、

直ちに日程を変えることは

さらなる混乱を助長する」として、

今年度と同様に8月とするよう求めた。

日本経済新聞社が10月中旬までに

全国の有力大学の学長(理事長)を対象に

実施した調査では、

選考解禁時期に関して、

6割が昨年度までと同じ「4月が適当」

と回答した。

一方で、見直しの時期は、

混乱を避けるために

「今年度の結果を検証し、

翌々年度から変更すべきだ」

とする声も少なくなかった。

同懇談会の吉岡座長は4日の記者会見で、

2017年度以降の具体的な

選考解禁時期には言及せず

「企業側と大学側でエビデンス(根拠)

に基づく意見交換を重ね、

慎重に検討する必要がある」と述べた。

___________________

◼︎引用元

・日経 2015 1105

http://www.nikkei.com/article/DGKKASDG04HAH_U5A101C1EA2000/

#経団連 #選考 #採用

1回の閲覧