top of page

新しい人型ロボット「Atlas」は、いじめられても立ち上がる・WIRED


Boston Dynamics社の人間型ロボット

「Atlas(アトラス)」の最新ヴァージョンは、

動力ケーブルがなくなり、雪の屋外を長距離移動。

後ろから突き飛ばされて倒れても、自力で起き上がる。

雪道の上を歩いて移動したり、

箱を持ち上げたりできるし、

突き飛ばされて床に倒れても立ち上がることができる。

センサーのなかには、

箱やドアに付いているQRコードのようなものを

認識しているようにさえ見えるものもある。

〜〜〜〜

これでまた流通の前提が変わります。

購入から受け取りまでが

人の手を介さず、可能になります。

家も建てられそうですね笑

この動画を見て、不思議な感覚を得たのは、

いじられている?Atlasを見て、

明確に可哀想だ、という感情が

生まれたことです。

映画や漫画の世界で、

ロボット愛護団体的なものが見受けられますが、

意外とそういう方向性なんだと、

思ったことです。

皆さんはどう思われますか?

2016.2.25


閲覧数:17回0件のコメント
bottom of page