就活「解禁」、企業の9割「守らなかった」 16年も解禁前の5月に「内定」半分近く・J-castニュース


2016年4月入社の就職活動で、経団連が指針とした

「8月からの選考活動の解禁」は、

約9割の企業で守られなかったことが、

経団連自身の調べでわかった。

2017年4月入社の新卒採用は、

16年より2か月前倒しの6月解禁になるが、

解禁日程は形骸化している。

一方、16年春入社の就職活動は、

学生側に有利な「売り手市場」だったことも確認され、

より短期決戦となる17年春の就職戦線の行方が注目される。

経団連は会員企業1331社を対象に

2016年4月入社の大卒新卒採用について調査を行い、

790社から回答を得た。

それによると、「8月選考解禁」の選考日程が

「あまり守られていない」「ほとんど守られていない」と

回答したのは87.5%と、9割近くに達した。

「指針のスケジュールが実態に合っていないので、

守らないのはやむをえない」

「ルールを守らない企業が先に優秀な人材を確保するのは不公平だ」

などの意見が多く、大企業の本音が漏れた。

2016/2/26

http://www.j-cast.com/2016/02/26259494.html

ーーーーーーーーーーーー

中々斬新な結果ですね。

自分たちでルールを引いて、

周りの企業を牽制し、

自分たちの9割はルールを無視する。

上記行動は何を意味するのか?

結局自分たち経団連加入企業が

優秀な人材を採用するために、

このルール設定をしたのでは?

というのは、

以前、伝えている内容。

【就職選考6月解禁、来年から前倒し…経団連調整・読売新聞】

「企業の魅力のなさ」

に対する策を打たない限り、

期間を変えても、変わらないのでは?


#就職活動 #経団連

0回の閲覧