top of page

すでに内定4つ! 就活「100日戦争」は始まっている ・日本経済新聞


20160218

ある有名私大に通う男子学生は

すでに内定を4つ持っている。

 1つは就活人気ランキングで上位常連の大手企業。

今月、内定承諾書をもらった。

中身を読んでみると内定を出す条件に

「全ての選考をやめること」と書かれている。

男子学生は会社に「ハンコを押すのは少し待ってほしい」と伝えた。

すると「迷っているなら、待つ」と応じてくれた。

ただ、聞くところによると、ほかの内定者は全員ハンコを押したようだ。

内定を4つ獲得したという男子学生の手帳はスケジュールでぎっしり

この男子学生はこちらも著名な大手IT(情報技術)企業からも内定を獲得した。

しかも内定者の中でも、早い段階に内定が出る「早期内定」をもらっている。

これは同社の目玉となる新規事業にすぐ関わらせてくれる、

優秀な学生に与えられるお墨付きの「内定」だという。

このほか有名企業を含む2社からも内定をもぎ取った。

外資系企業やヤフーなどの大手IT企業、

ベンチャー企業がこの時点で、すでに内定を出していることがわかった。

〜〜〜

中身を読んでみると内定を出す条件に

「全ての選考をやめること」と書かれている。

〜〜〜

「大人」は「大人」のために生きている。

こういうことをする企業が、

自社の社員のこと・学生のことを本気で考えているとは

考えづらいです。

「自社には魅力はありません。」

(短期的魅力はあるかもしれませんが、長期的魅力はありません)

「変わりはいくらでもいるんで、(あなたじゃなくても)大丈夫です」

と言っているようなものだと、考えます。

そうしたい気持ちもわかりますが、

少しだけ、「次世代のキャリア」について

歩み寄って頂きたいです。


閲覧数:6回0件のコメント
bottom of page