【「世界一の人材ミスマッチ国」は日本だった!・東洋経済】



外資系人材紹介会社・ヘイズ・ジャパンの

「世界31カ国における人材の需給効率調査」 によると、

日本はミスマッチ率が高くて

「最も人材が探しにくい国」とのこと。

その原因を

 ・企業が求める人材レベルが高すぎる

 ・市場価値の高い人材に対し、

  適切な待遇を行おうとする採用が実現できない

と記事の筆者は分析しています。

このテーマを考えるポイントを一つご提示します。

・東洋経済 2016 0229

http://toyokeizai.net/articles/-/106824

_________________________

一つ考える論点としては、

「誰が企業の要求に見合った人材を育てるのか」

ということです。

記事では、

「大学教育の体制の改革が必要だ」

と結ばれていますが、

果たして今の日本の大学に、

ビジネスで活躍できる人材を

育成できるでしょうか?

皆さんは、

ビジネスマンとして成長したという経験が、

大学であったでしょうか?

おそらくYESとは答えにくいと思います。

もちろん、 大学教育の体制の改革が

現状できない理由があります。

その理由の一つとして、

「日本の就活が変わらないと、

 その前段階である大学は

   リスクを取れないから」

が挙げられます。

なかなか大きな壁です。

企業も大学も、

人材育成に時間を取れていない今、

学生とビジネスを繋ぐ場、

更には今の社会人を超える人材の

育成の場として、

Alternative Internshipsが

一助を担えれば幸いです。