【「IBMvs電通」経営コンサルと広告代理店がなぜ同じ分野で争っているのか・Zuu Online】



________________________

一見すると別業界にある2社ですが、

両社ともに新規事業を開拓したことで、

競合となったとこの記事では指摘されています。

今回は、この2社が

競合となるに至った背景を見ていけたら、

と思います。

________________________

・Zuu Online 20160215

https://zuuonline.com/archives/97442


競合になった理由を考える際の1つの論点としては

「IBMと電通はなぜ新規事業開拓に至ったのか」

ということが挙げられます。

新規事業に会社が踏み出す理由は

ざっくり分けると1つになります。

「会社の売上を伸ばすため」です。 その中でも

 ・既存事業が不調のため、新しい稼ぎ方の模索

   または、    

 ・既存事業が好調のため、更に追加投資

 の2つに分けられます。

IBMは2015年10月時点で、減収を続けているので、

復調のために新規事業に着手した、

という見方ができます。

・米IBM、14四半期連続で減収 7~9月売上高14%減

 日経新聞 2015 1020

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM20H1G_Q5A021C1EAF000/

電通も同様です。 経営コンサルに

本格的に着手したのは2010年からですが、

同時期の電通の売上は減少傾向にありました。

経営の多角化によって、

事態を打開しようとしたのかもしれません。

・電通ホームページより

http://www.dentsu.co.jp/ir/data/setsumeikai/2010EA1/03.html

そしてIBMは「デザイン」を、

電通は「コンサルティング」を

それぞれ新規事業の分野に選び、

それが双方の得意分野と重なったがために、

競合となったと考えることができます。

これまで全く競合でなかった企業が、

急に競合に成り得る世界観は、

更にビジネスのスピードをあげ、

競争優位性、差別化が、

ポイントになってくることが言えそうです。

上記はあくまで1つの仮説であり、

正答かどうかは更なる検証が必要ですが、

皆さんもニュースを自分なりに読み解き、

自分なりの仮説を立ててみると、

本質的な物事の見方が鍛えられると思いますので、

ぜひ取り組んでいただければ幸いです。

お互い精進していきましょう。

#企業