【戦略コンサルティング・ファーム面接の7つの評価法案内・ダイヤモンドオンライン】



___________________

《 記事概要 》

(1)数的処理テスト

(2)推定問題

(3)能動的ケース・インタビュー

(4)受動的ケース・インタビュー

(5)記述式ケース・インタビュー

(6)グループ・ケース・インタビュー

(7)プレゼンテーション形式のケース・インタビュー

主要な戦略コンサルティング・ファームは

現在、主に次の7つの評価方法で

志望者を評価している。

(推定問題について)

あなたは、戦略コンサルティング・ファームが

志望者たちを苦しめるために、

この種の奇妙な問題を

出していると考えるかもしれない。

私も最初はそう感じた。

しかし、マッキンゼーで働き始めるとすぐに、

クライアントがコンサルタントに

同様の質問を常に

投げかけてくることを私は実感した。

(本文抜粋)

___________________

《 関連講座のご案内 》

外資コンサル・外資金融の

選考を突破するには、

記事内で強調されているように、

定量的思考や

ロジカルコミュニケーション能力が

強いことが必要条件になります。

4/24(日)に

「第4回ロジカルシンキング特化型勉強会」

を開催いたします。

テーマは

「フェルミ推定 初級編」「論理的な伝達方法」。

どちらも外資・難関企業志望の学生にとっては、

ピッタリの内容になります。

ぜひ、ふるってご参加下さい!

・ダイヤモンドオンライン 2016 0322

http://diamond.jp/articles/-/87943

#人事 #内定 #就職活動 #マッキンゼー #BCG #採用