【世耕経産相 「新卒一括採用」見直しを促す考え・NHK】20160804


世耕経済産業大臣は4日のNHKなどのインタビューで、

大手企業の間で定着している「新卒一括採用」は、

企業や学生にとって負担になっているとして、

見直しを促していきたいという考えを示しました。

このなかで、

世耕大臣は、卒業予定の学生を特定の時期に

まとめて採用する「新卒一括採用」について、

「実施する企業は多いが、

かなりの比率で新入社員が辞めている。

採用される学生も採用する企業も、

このやり方は負担だと思っている」と述べました。

そのうえで「採用の在り方を見直すことは、

働き方改革にもつながる。

今の慣行は、働く人にとっても企業にとっても

感覚が合わない状況だ」と述べ、

企業などに、新卒一括採用の見直しを促していきたいという

考えを示しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160804/k10010621651000.html

ーーーーーーーーーー

ようやく日本でも変化の兆しがありました。

Alternative Internshipsが目指す世界観の一つに

日本が近づいています!

文面だけなので、

大臣がどこまで認識・理解されているか不明ですが、

「実施する企業は多いが、

かなりの比率で新入社員が辞めている。

採用される学生も採用する企業も、

このやり方は負担だと思っている」

これは、

経団連に加盟する大手企業からすると、

負担ではなく、

効率的な仕組みで人が採用できる仕組みです。

そして、

従業員10000人を超える企業は、

採用される学生は、全く辞めていない状況です。

年間1%弱。

しかし2000年以降、

優秀な人材が、外資やベンチャーに流れており、

それを止めるために、

ルールを設定。

そうすると、

経団連の下に属する中小企業は

言うこと聞かざるを得ない。

通年採用は、

大手企業が、人と資本力を大量にかけた場合、

中小企業への採用負担は、今まで以上に増加。

一層の企業努力が必要になる。

企業認知が低年齢化し、

有名企業を知る学生が増え、

憧れが増加し、

1社目はとりあえずの1社目となり、

より転職が前提の世界観に近づく。

さらに辞める人が増える。

という、可能性もあります。

どちらにせよ、

学生としては、

いつでも通年採用に備えておく必要があります。

自分を企業から求められる人財に、

成長させたい人は、↓こちらから登録

http://www.alternativeis.jp/


8回の閲覧