AIESEC神戸大学委員会代表野村さん(2017年度)



今回取材させていただいたのは、アイセック神戸大学委員会委員長の野村太一朗さんです!

学生団体幹部を務めて2年目となる野村さん。

そんな野村さんから見る”学生団体”とは!

〜プロフィール〜

【名前】 野村太一朗

【略歴】 AIESECに入会し2年で執行部、3年で委員長を務める

【所属団体】 アイセック神戸大学委員会 委員長

=======================

Q1.アイセックへ入会した理由を教えてください。

A.自分は大学生活を通してとにかく成長したいという思いも強く、また過去の経験などから、社会に対しての不満やコンニャロー精神を入学時点から抱いていました。そんなときにAIESECの新歓で先輩方が語っていた「社会を変える」という言葉に、自分の思いを果たすことができる可能性を見出し、入会を決めました。


Q2.野村さんの活動内容について教えてください。

A.現在は委員長としてAIESECという学生NPOの運営をしています。僕自身が行っていることは、組織のトップとして経営判断・意思決定を行うこと、メンバー全員の目標となるVisionを描き伝えること、パートナーの方々との打ち合わせです。メンバー全員が後悔のない1年を過ごすこと、AIESECが発展すること、関わってくれる方々に価値提供すること、様々なことを実現できるように日々思考し続けています。

Q3.アイセックに入会して得られたことを教えてください。

A.いろいろありますが、格好つけずに言うと自分が得た最も大きいものは度胸です。人って、でっかいことしたいとかめちゃくちゃ幸せになりたいとか本当は望んでいるけど、まるで望んでいないかのように自分に言い聞かせてしまうことが多いと思います。その方が楽だし屈辱を感じることもないので。大学入学したての頃の自分もそういうところはありましたが、AIESECでリーダーとして活動する中で、自分がいいと思ってしまっているものは正直に認め、勝ち取るために挑戦することを厭わない性格になりました。そのような生き方ができるというのは、実際にほしいと思ったものを得られたかどうかとは関係なく、感動多き幸福な人生に繋がっていると強く感じています。


Q4.アイセックにおけるご自身の成長や変化について教えてください。

A.私自身の変化は、自分にとって譲れない核となるものができたことです。 夢が見つかりました。AIESECでの活動で様々な情報に触れ、社会で活躍されている方々の姿を目にし、「こんな風に生きることができたら生まれてきて本当に良かったと思える」という人生を描くことができるようになりました。自分は世界中の人々にリーダーシップを提供するために生きることを決意できたし、それによって毎日を一生懸命に生きることができるようになりました。

Q5.ページを見ている方へメッセージをお願いします!

A.皆さんは一生懸命に取り組むことができるものがありますか?夢があることで人生は充実したものになると自分は考えているし、夢がないから自分は特に何もしなくてもいいという人なんていないと思っています。もし一人で探すことが苦痛なのであれば、ぜひ仲間を探してほしいです。AIESECには共に志を追求することができるアツい仲間が大勢います。


=======================

野村太一朗さん!

インタビューにご協力いただきありがとうございました!

#海外インターンシップ #学生団体代表 #AIESECKB #学生団体幹部