AIESEC神戸大学委員会 プロジェクトリーダー福田さん(2016年度)



今回取材させていただいたのは、アイセック神戸大学委員会元プロジェクトリーダーの福田祥子さんです!

3年間アイセックに情熱を注いだ阿部さん。

そんな阿部さんから見る”学生団体”とは!

〜プロフィール〜

【名前】 福田祥子

【略歴】 AIESEC/送り出し事業局 教育プロジェクトリーダー

【所属団体】 アイセック神戸大学委員会

=======================

Q1.アイセックへ入会した理由を教えてください。

A.1つは海外に興味があり、海外との交流があると知って興味が出たからです。2つめは新入生歓迎会でAIESECの先輩と話し、純粋にすごいと思ったからです。将来のことや自分のこと、世界のことまで深く考えていて自分もこんな先輩みたいになりたいと思いました。


Q2.阿部さんの活動内容について教えてください。

A.1年目は送り出し局の教育プロジェクトのメンバーとして活動。2年目は教育プロジェクトでリーダーをし、3年目は、学生を安全に送り出すためのデリバリー制度運営担当。

Q3.アイセックを辞めずに続けられた理由を教えてください。

A.メンバーのおかげに尽きると思います。正直、女性リーダーが1人で、特性として論理的でもなかったので他のメンバーと比べて引け目を感じていました。なので自分が成果を残せないのではないか、どうしたらいいかわからないし自分がリーダーじゃないほうがいいのではと辞めたくなったこともありましたが、プロジェクトのメンバーが、「私のスタイルでいい」と認めてくれたこと、たくさんの先輩方からアドバイスをもらい時には厳しいことばももらったからこそ、最後まで頑張ろうと思えました。 3年目は、同期が作る組織で続けたいと思ったのと、2年目のリーダー経験を生かして組織をもっとよくしたいと思い残りました。 最後の最後までとても悩みましたが、やはり同期と作っていく組織ということに惹かれて残りました。


Q4.アイセックにおけるご自身の成長や変化について教えてください。

A.変わったことはたくさんあるので書ききれないですが、一番大きいのはやはり自分のことがわかるようになってきたことです。自分がどんな人間で今どのような能力がありどのような立ち位置にいるのかをはあくできるようになりました。 夢見る少女だった私ですが、その夢に具体的にどのように近づいけていくのかを考えるようになりました。これは夢だけではなくたくさんのことに応用できます。 そして、世界を身近に感じられたことも大きいと思います。途上国も発展途上国も関係なく世界の問題などを考えるので、世界の情勢などへの関心が高くなったと思います。

Q5.ページを見ている方へメッセージをお願いします!

A.学生団体かどうかにはこだわらず、「学生だからこそできること」をたくさんしてほしいと思います。旅行しかり、バイトしかり、インターンしかり。意外と学生生活は時間が短いと思うので、人の目を気にして本当にしたいことをしないくらいなら思い切って行動にうつしてみてください!


=======================

福田祥子さん!

インタビューにご協力いただきありがとうございました!

#海外インターンシップ #AIESECKB