AIESEC青山学院大学委員会 副代表山本さん(2016年度)



今回取材させていただいたのは、アイセック青山学院大学委員会副代表の山本さんです!

3年間アイセックに熱を注いだ山本さん。

そんな山本さんから見る”学生団体”とは!

〜プロフィール〜

【名前】 山本あかり

【略歴】 カリタス女子中学高等学校

【所属団体】 アイセック青山学院大学委員会 / 副委員長兼人材管理統括

=======================

Q1.アイセックへ入会した理由を教えてください。

A.もともと高校時代に短期留学の経験があり、海外に興味があったため大学では多様な国の人と関わる活動をしたいと考えていた。そしてそこでの経験から、多様なバックグラウンドを持つ人々がお互いに助け合い共存している環境を理想状態であると考えるようになり、ちょうどアイセックの説明会で自分の価値観や考えに沿っている団体であることがわかったため。


Q2.山本さんの活動内容について教えてください。

A.1年目:受け入れ事業担当 日本でビジネスの経験を得たいと考えている海外の学生と、海外志向のある日本企業とのマッチングを行っていました。その中で日本国内での営業活動や海外の学生との面接なども行っていました。

2年目:受け入れ事業担当 および プロジェクトリーダー 一年次と同じく受け入れ事業での活動を行いつつ、7人のチームを束ねるリーダーを担っていました。一つのチームで8人の海外インターン生を迎え入れるという目標を立て、結果9人を招き目標達成しました。

3年目:人材管理統括 3年目では、約60名ほどいる委員会の統括として委員会全体の運営や、新入生の勧誘、各メンバーの成長を促すための機会提供、合宿の運営などを主に行っていました。

Q3.自分の役職のやりがいを教えてください。

A.2年目:プロジェクトリーダー 海外学生の受け入れ数を目標に、目標達成するためにチームメンバーを巻き込みその過程で彼らが成長できるように工夫していく中でチームを巻き込む方法や人と向き合うとは何か、相手を動かすにはどうしたらいいか、学んでいくことができます。また、自分の努力に比例してチームの目標達成率やチームメンバーの成長が手に取るように身近でみていくことができます。

3年目:人材管理統括 委員会全体の人員の管理を行うため、より大きな範囲で組織に影響を与えられます。仕組みや制度を変えることよりもそれを実行する人を変えることは非常に大変なのでなかなか成果がすぐに現れませんが、難しいからこそ変化が現れたときの喜びは大きいです。

Q4.アイセックにおけるご自身の成長や変化について教えてください。

A.高校時代に描いていた理想の自分に少しづつ近づけているし、格段に人生が楽しいと思えるようになりました。それはアイセックに入り自分の頭で考える楽しさをしり、自分の人生は誰かに正解を与えられるものではなく、自分の手で作り上げていくものであると思い知ったからです。それまでの私は答えのある世界で生きていたので、初めて答えのない世界に飛び込み、自分の足で自分の力で進んできたこの3年間は大きな自信になりました。

Q5.ページを見ている方へメッセージをお願いします!

A.学生時代は今しかない、自分の時間を最大限自由に使えるとき。だからこそ、一歩踏み出していろいろなことに取り組んでみてほしい。自分に限界を設けずに新しい機会に挑戦してみてほしい。

=======================

山本あかりさん!

インタビューにご協力いただきありがとうございました!

#海外インターンシップ #学生団体人事 #学生団体幹部 #AIESECAG