三菱UFJモルガンスタンレー証券IBD部門夏インターン情報



【選考基本情報】 

①選考フロー

7月上旬 ES 7月上旬 面接 9月上旬 インターンシップ 5日間

②通過者数

50人ほど。

【ES】  

①質問項目

・三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資銀行部門のインターンシップを志望する理由を教えてください。( 400文字以下) ・投資銀行部門において最も関心のある業務を教えて下さい。 (300文字以下) ・これまでの人生で、あなたが周囲の方と協力してやり遂げたことと、その中であなたが果たした役割とその成果を教えてください。 (400文字以下)

②結果連絡(何日後/手段)

締め切りより数日後に電話にて。

【1次面接】 

①社員の数

1人×2回

②学生の数

1人

③時間

15分×2回

④面接の進め方

1回目にアナリストと面接、2回目にVPと面接

⑤質問内容

基本的にESの深掘りだけ。 投資銀行部門ならどこでも聞かれることではあるが、最近気になったM&Aは聞かれる。 それ以外はESの内容確認。 逆質問の時間も若干ある。

⑥雰囲気

基本的に和やか。

⑦結果連絡(何日後/手段)

1週間後にメールにて連絡。

【インターン】 

①期間

9月上旬(5日間)

②学生の数/所属

数は50人ほど。 東京大学、京都大学、大阪大学、東北大学、岡山大学、慶應義塾大学、早稲田大学、明治大学、同志社大学など。 文系学部生が多い。

③テーマ

大手百貨店にM&Aの提案

④課題の進め方

グループワークをし、最終発表。その他投資銀行についての講義などがある。 パソコン2台と四季報、その他企業価値評価についての資料が配布される。

⑤社員のかかわり方

メンターはつかない。社員には気軽に質問できる環境である。 最終発表ののち、チームにフィードバックがもらえる。 懇親会やランチなどでは、部長クラスの社員とも密に交流ができる。

⑥待遇

参加報酬なし。

⑦評価ポイント

内定は出ない。 投資銀行部門のサマーインターンでは珍しく、筆記テストがないためハードルが低い。 社員との交流や投資銀行業界の理解の機会が豊富にあるため、有効活用すべき。

#三菱UFJモルスタインターン

27回の閲覧