モルガンスタンレーファイナンス部門選考情報



【職種】

ファイナンス部門

【内容(インターン/本選考)】

本選考

【選考期間/フロー】

3年11月〜2月

ES→Webテスト→GD2回→面接3回→内定

【ES】  

①質問項目

(1) 何故モルガン・スタンレーなのか、理由を<日本語で>お答えください。(日本語全角300文字以内) (2) 何故モルガン・スタンレーなのか、理由を<英語で>お答えください。(半角英数字600文字以内) (3) あなたの自己PRをお書きください。(日本語全角300文字以内) (4) あなたの自己PRをお書きください。(半角英数字600文字以内) (5) 上記以外に当社があなたをより深く知るために特記したい事項 (学内外で力を入れた活動や表彰、企業インターンの経験など、具体的な事項を含む) があれば、 お書きください。(日本語全角300文字以内) (6) 上記以外に当社があなたをより深く知るために特記したい事項(学内外で力を入れた活動や表彰、企業インターンの経験など、具体的な事項を含む)があれば、 お書きください。(半角英数字600文字以内)

②結果連絡(何日後/手段)

Webテストの結果と合わせて、2週間以内にメールにて連絡。

③評価ポイント

カッコいい言葉を無理に使おうとせず、自分個人の経験と紐付けて記入することが鉄則です。 チームワークを重視する環境であるため、その経験がある場合は自己PRや特記事項に書いておくといいでしょう。

【適正検査 / Webテスト】 

①形式

TG-WEB。自宅にて受験。1時間程度

②内容

非言語、言語、英語、性格診断

③難易度

一般的なWebテストの形式のため、問題集で確認しておく程度で十分対策は可能です。 デロイトが同じ形式のWebテストを実施しているため、不安な場合は併願しておくといいでしょう。

④結果連絡(何日後/手段)

1〜2週間前後にメールにて連絡。

【GD1】  

①テーマ

仮想通貨に見立てた文房具が数種類配布され、市場の動きに基づいてこれらの値段が変動する中、班ごとに収益を最大化させることを求められるもの。

②所要時間

2時間(講演会30分→座談会30分→アイスブレイク→GD60分)

③人数(社員/学生)

社員10人以上/学生4人×4グループ

④内容【講演会・座談会】 ・講演会:ファイナンス部門全体やISG、コーポレートファイナンス、財務戦略といった部署ごとの説明を受ける。 ・座談会:5人の社員から担当事業内容とプロジェクト事例について説明を受け、質問ができる。 ・班に分かれたあと、進行方法が発表される ・一通り終わったあとに代表者が発表

⑤結果連絡(何日後/手段)

数日以内にメールにて連絡。

⑥評価ポイント

講演会・座談会の際は、学生一人ひとりにネームプレートが配られるため、質問内容などが見られていると思われます。 ただ聞いているだけでなく、積極的に手を挙げていくようにしましょう。 GDに関しては、戦略を立てて班員を引っ張っていく役割に回ると高評価です。 留学生比率が高い場合があるので、英語で議論を進めたほうがいい場合もあることを考慮しておきましょう。

【GD2】  

①テーマ

仕事に遅延した時にあなたならどうするか など

②所要時間

2時間〜3時間(ケース紹介→英語でのGD1時間程)

③人数(社員/学生)

社員10人ほど/学生4人×2グループ

④内容

【ケース紹介】 ・財務や金融商品などファイナンス業務に関するケースがいくつか紹介される。 【GD】 ・英語でディスカッション。 ・留学生や多様なバックグランドを持った学生が参加をしている。 ・最後に代表者が発表。

⑤結果連絡(何日後/手段)即日メールにて連絡。

評価ポイントGDに関して、英語で議論ができることが最低条件になってきます。 その際、シンプルな構文や言葉を選んで誰にでもわかりやすく話すことが重要です。 課題の定義付けをしっかりと行い、議論の方向を揃えることに注意しながら進めていきましょう。

【面接1】  

①社員(人数/役職)

2人×3回/マネジャー

②学生の数

1人

③時間

30分×3回(日本語2回、英語1回)

④面接の進め方

自己紹介の後、2人1組の面接官から交互に質問。30分経過後、次の面接官のペアが入室して質問。

⑤質問内容

・なぜモルガン・スタンレーのファイナンス部に入りたいのか

・なぜあなたを採用しないといけないのか

・あなたは他の候補者と何が違うのか

・5年後、10年後何をしていたいか

・逆質問

⑥雰囲気

基本的に和やか。

⑦結果連絡(何日後/手段)

即日メールにて連絡。

⑧評価ポイント

地頭を見るというよりは、考え方や価値観といった人間性を見ているものと思われます。 ESで書いたことをひも付けて、自分の思っていることをそのままぶつけることが重要です。 なお、業務内容のイメージが誤っている場合は面接官がそれを正してくれることがあるので、落とされる恐怖を感じることなく正直に話すことはプラスになります。

【面接2】  

①社員(人数/役職)

1人×3回/MDクラス

②学生の数

1人

③時間

30分×3回

④面接の進め方

自己紹介の後、面接官から質問。30分経過後、次の面接官が入室して質問。

⑤質問内容

・なぜモルガン・スタンレーのファイナンス部に入りたいのか

・なぜあなたを採用しないといけないのか

・あなたは他の候補者と何が違うのか

・5年後、10年後何をしていたいか

・金融系の時事問題

・逆質問

⑥雰囲気

基本的には前回同様和やかである場合が多い。

⑦結果連絡(何日後/手段)

即日メールにて連絡。

⑧評価ポイント

前回と質問内容はほとんど変わりませんが、より具体的に答えるといいでしょう。 ISGやコーポレートレーティング、財務戦略のどの部署に入りたいのか、理由と共にしっかりと考えて臨むようにしましょう。 従って、企業研究や企業理解は必須です。

【最終面接】  

①社員(人数/役職)

1人×2回/MD

②学生の数

1人

③時間

30分×2回

④面接の進め方

自己紹介の後、面接官から質問。30分経過後、次の面接官が入室して質問。

⑤質問内容

・なぜモルガン・スタンレーのファイナンス部に入りたいのか

・なぜあなたを採用しないといけないのか

・あなたは他の候補者と何が違うのか

・5年後、10年後何をしていたいか

・金融系の時事問題

・逆質問

⑥雰囲気

終始和やか。

⑦結果連絡(何日後/手段)

その場で。

⑧評価ポイント

基本的に落とされる可能性は低いです。 逆質問をする場面が多くなると予想されるので、事前に何を質問するかをある程度考えておくといいでしょう。

#モルガンスタンレー本選考

256回の閲覧